ロゲインとリアップでAGA改善!
ミノキシジルで薄毛から復活

ミノキシジル

ミノキシジルとは発毛効果が認められている成分です。
発毛効果がある成分は数少ないので、薄毛治療に用いられることが多いです。
本来、高血圧の治療のために血管拡張剤として開発されましたが、
後に、育毛効果が発見さ脱毛症の治療に使われるようになりました。

脱毛症の場合、男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼ(頭皮や前立腺に存在する酵素)によって
ジヒドロテストステロン(GHT)という脱毛を進めます。
脱毛が進んでしまった毛根は髪へ栄養を届けようと血管を収縮させてしまいます。
それによって頭皮の血行が悪くなり、髪へ栄養がいきづらくなってしまいます。
ミノキシジルの血管拡張作用によって、脱毛が進んでいる毛根や、血管の収縮を抑え再生させます。
男性特有の脱毛症だけではなく円形脱毛症などストレスによる脱毛症にも効果を発揮します。

海外ではロゲインという名の外用薬として販売が開始され、その後日本でもリアップとして販売されるようになりました。
ロゲインとリアップは成分的には全く変わりません。
ですが海外のロゲインにはジェネリック医薬品があるので、リアップよりも安く購入することができます。

日本では外用薬としてしか販売されていないミノキシジルですが、海外では内服薬としてタブレットも販売されています。
実は日本では内服薬としては副作用が強すぎるとされ、販売することができないのですが、
海外では内服薬の効果が高くみられるとして、認可されています。

日本にいては手に入らないと思われる方もいらっしゃいますが
個人輸入通販サイトのみで購入することができます。

しかし注意が必要なのが成分の副作用です。
外用薬、内服薬ともに副作用がおこることがあります。

外用薬の副作用としては、直接肌につけることによって起こる「頭皮のかぶれ」が多くみられます。
かゆみ、湿疹が出た場合は肌に合っていない可能性があるので注意が必要です。

外用薬、内服薬とも起きうる副作用では、
眠気、吐き気、むくみ、だるさ、などの副作用があります。
またもともとは血圧を下げる薬として開発されているので低血圧には十分注意が必要です。

内服薬の方が脱毛症にも効果が高いのですが、副作用も強く出る場合があるので
自分の体調に合った成分量の薬を選び、様子をみて服用することが大事です。

メニュー